posthead

ごあいさつ

訪問看護支援協会のページをご覧頂き心より御礼申し上げます。

現在、日本は少子高齢化社会を迎え、地域医療を中心とした訪問看護を利用した患者の包括ケアなど、求められる医療の内容はめまぐるしく変遷してきました。今後は、高齢化の巨大な波が日本の医療にも大きな影響を及ぼすものと思います。また、訪問看護を支える看護師の数の不足などでも、避けられない難題が待ち受けております。

今後の日本社会は、高齢化社会に対応すべく様々な困難に立ち向かっていかなければなりません。また、看取りを中心とした終末期の迎え方など、多様な価値観も尊重しなければなりません。

当協会に求められるものは、訪問看護の普及、利用促進に加えて、訪問看護を支える高度な技術を持った看護師の育成や訪問看護を通じた多様な終末期の迎え方の啓蒙、また地域や社会、あるいは、国・世界からの高い期待に応えること、そして、将来の医療を支える”人”を育成する役割もあります。このいずれもが、患者様、皆様のご協力なしには成り立たないものです。この点も是非宜しく御理解お願い申し上げます。

これからの100年を担う地域医療・包括的なケアを促進・啓蒙するため着々と歩みを進めます。日本の少子高齢化・地域医療問題を解決すべく生まれた訪問看護支援協会は、今後も皆様に愛され、信頼され、いつでも患者様の場所であり続けたいと願っております。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

riji