ホーム / お知らせ / 被災地支援「おいでよ!東京」プロジェクトへお弁当を提供致します

被災地支援「おいでよ!東京」プロジェクトへお弁当を提供致します

福島の震災遺児、児童養護施設への支援を行っている特定非営利活動法人BLUE FOR TOHOKU主催の「おいでよ!東京 2014」が8月18日(月)に開催されます。

「おいでよ!東京 2014」は福島の児童養護施設で暮らす、およそ60名の子どもたちを「屋外で思い切り遊ばせてあげたい」との思いから生まれたプロジェクトで2012年から毎年開催されており今年で3回目となります。

当日は、「キッザニア東京」での職業体験、福島県大熊町出身の陸上選手・秋本真吾さんとの「かけっこ教室」などで、体を動かし交流を深めます。

当日福島からお越しいただく子どもたちのお弁当を訪問看護支援協会から提供させて戴く運びとなります。
訪問看護支援協会は今後も、被災地への支援および次世代育成の取組をすすめてまいります。

おいでよ東京

【関連サイト】BLUE FOR TOHOKU