ホーム / お知らせ / RE-CARE JAPAN実行委員会のメンバーに代表理事の高丸慶が選出されました

RE-CARE JAPAN実行委員会のメンバーに代表理事の高丸慶が選出されました

topPhoto04

RE-CARE JAPAN実行委員会のメンバーに当協会代表理事の高丸慶が選出されました。訪問看護の分野において情報発信、意見交換を行う予定となっております。

【実行委員会メンバー】

委員長 鈴木 隆雄
桜美林大学 加齢・発達研究所 所長
国立長寿医療研究センター 総長特任補佐

顧問 辻 哲夫
東京大学 高齢社会総合研究機構 特任教授

委員 田中 滋
慶應義塾大学 名誉教授

委員 白澤 政和
桜美林大学 教授
一般社団法人日本ケアマネジメント学会 理事長

委員 鷲見 よしみ
一般社団法人日本介護支援専門員協会 会長

委員 大渕 修一
東京都健康長寿医療センター
高齢者健康増進事業支援室 研究副部長

委員 島田 裕之
国立長寿医療研究センター
老年学・社会科学研究センター
予防老年学研究部 部長

委員 高丸 慶
一般社団法人訪問看護支援協会 代表理事

委員 矢島 鉄也
千葉県病院事業管理者(病院局長)
千葉大学客員教授
元厚生労働省健康局長

委員 飯島 勝矢
東京大学 高齢社会総合研究機構
准教授(執行委員)

【RE-CARE JAPANについて】
日本における高齢者の将来推計人口は「団塊世代」が65歳以上となる節目の2015年に3,395万人、2025年に3,657万人、2042年に3,878万人でピークを迎える予測されております。東京都におきましても、東京オリンピックが開催される2020年には、前期高齢者と後期高齢者の総数が324万人を超え(全国の自治体と同等の水準)、日本は先進国一の超高齢化社会へと突入します。『RE-CARE JAPAN』は、迫り来る超高齢化社会に向け、介護業界の情報発信、交流の場を設けることによって業界の健全な発展に貢献すべく盛大に開催いたします。

【開催日程】
2016年8月2日(火)・3日(水)・4日(木)

【オフィシャルサイト】
http://www.re-care.jp/